滝沢市スポーツ少年団

スポーツ少年団とは?

スポーツ少年団の活動

~日本最大の青少年スポーツ団体~

 スポーツ少年団は、1962年に財団法人日本体育協会が創設した歴史あるスポーツクラブです。「一人でも多くの青少年にスポーツの喜びを!」「スポーツを通じて青少年のからだとこころを育てる組織を地域社会の中に!」と願いつくられました。約20万人の指導者と、約83万人のスポーツが大好きな仲間たちが、スポーツ少年団に登録しています。

組織概要

スポーツ少年団は、それぞれが独自に自主的で主体性をもった活動を展開しています。
そのため、特定のスポーツ種目のみの活動を行うのではなく、野外活動や文化・学習活動など、ジュニア期に必要な幅広い分野での様々な交流体験活動を年間計画の中に組入れています。
スポーツ少年団活動を通じて、歓びや楽しさを体験する共に、仲間との連帯や友情を育て、更にはその課程の中で協調性や創造性などを育み人間性豊かな社会人として成長することを期待しています。

日本体育協会発行の『スポーツ少年団とは(ガイドブック)』に詳しい内容があります。
~これから設立を検討中の方もご覧下さい~

同じく、日本体育協会発行『メンバー募集中!(PRリーフレット)』もご覧下さい。

指導者の方向けに、『スポーツ少年団指導者必携書』があります。

 

社会活動について

スポーツ少年団は地域社会で活動する団体です。地域社会の一員として、スポーツ活動だけでなく、次のような活動を行っています。

  • 団員・親・地域住民との合同活動
  • 地域の人たちとのコミュニケーション
  • 地域の事業・行事への積極的参加
  • 町内清掃などの奉仕活動

単位スポーツ少年団(単位団)

スポーツ少年団の原点である、単位スポーツ少年団は、子どもたちが、自主的にメンバーとして参加し、「自由時間に、地域社会で、スポーツを中心としたグループ活動を行う団体」です。
しかし、精神的にも身体的にも未熟な子どもたちを支えるためには、適切な助言・指導ができるメンバーが不可欠です。
子どもたち団員とともに、リーダー、指導者、育成母集団といったメンバーが、単位スポーツ少年団を構成しています。

指導者

指導者は、子どもたちの活動が、将来の人生の大切な基盤づくりになることを認識し、ジュニア期の発育発達に応じた、適切な指導を行います。

リーダー

リーダーは、指導者の補助的な存在としてだけではなく、指導者の方針にしたがって団員の気持ちを理解してグループをまとめ、目標に向かってグループを前進させます。

育成母集団

子どもたちの精神面、労力面、財政面での支援だけではなく、地域に住む全ての人たちが、スポーツや文化を楽しめるようなシステムづくりを目指して活動しています。

望ましい活動日数と時間について

「ガイドブック スポーツ少年団とは」によると 『単位団活動の目安としては、1日2~3時間程度、1週間に2、3回が無理のない活動といえるでしょう』

スポーツ少年団は、「子どもが、自由時間に、地域社会で、幅広いスポーツ活動を、グループ活動で行う集団」である。
さらに、スポーツ少年団のスポーツ活動の基本を以下のように定めている。

  1. 自主的で自発的な活動であること
  2. 真剣な取り組みや厳しさは子供自身が目指しているか
  3. 楽しく魅力ある活動であるか
  4. 生涯スポーツの基礎をつくる活動か
  5. 意欲をもって参加できる活動か

また、「スポーツ少年団指導必携書」によると 2.スポーツ少年団のありかた
  ②日常的、定期的な活動にあっては、団員の学校や家庭での活動とのバランスの上で行われるものであり、団員の生活を侵害するような過激な活動であってはなりません。
  ③活動の主体はあくまでも団員であり、団員の主体的な活動意欲にもとずく「団員による」「団員のための」活動を基本とします。

スポーツ少年団は、子どもたちの自主的・自発的な活動を基本としているので、活動時間について規約等で強制はしていない。指導者はスポーツ活動の基本的な考えに照し合せながら活動時間・日数などを設定する必要がある。

本部長あいさつ

 滝沢市スポーツ少年団は、昭和45年に開催された岩手国体に向けて、住民運動の盛り上がりと「体力づくりの村」として県の指定を受け、全村民による国体参加を目的に、昭和44年に村内小中学校を単位に10団が結成され、団員数521名として滝沢村スポーツ少年団が設置されました。

 当時は学校単位での活動が殆どでありましたが、その後スポーツ施設の整備が進むと同時に種目別の少年団へと移行していき、現在では球技スポーツからラケットスポーツ、武術まで19単位団が組織されています。

 また近年においては、総合型地域スポーツクラブ「チャグチャグスポーツクラブ」との交流事業もさかんに行われ、競技力向上だけではなくスポーツを通じた青少年の心身の健全な育成を推進しております。

滝沢市スポーツ少年団
本部長 佐藤 静子

登録について

スポーツ少年団は、単位団毎に指導者と団員の登録が毎年度必要です。
所定の用紙(前年に登録の単位団へ郵送されます)へ記入し、登録料(滝沢市では、指導者1人1,400円・団員1人1,000円)を添えて市本部まで提出していただきます。
 

スポーツ少年団新登録システム(Web 登録)運用についてのお知らせ

平成28年度からスポーツ少年団登録は、スポーツ少年団Web登録システムを使用し手続きを行います。
Web登録システムを用いることで、登録用紙が届いていない、書く手間がかかるなどの問題点が解消されるとともに、登録情報の更新が各級スポーツ少年団でできるなど、市町村及び都道府県スポーツ少年団だけでなく、単位スポーツ少年団にとってもメリットのあるシステムとなっておりますので、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

登録数の推移

年度 R3 R2 R1
指導者  102名  107名  110名
男子団員  258名  232名  290名
女子団員  111名  103名  109名

令和3年度 指導者・団員登録状況

単位団名 指導者数 団員合計 結成年 団番号
鵜飼サッカークラブ 20 S52 001
滝沢柔道 22 S58 002
滝沢ミニバスケットボール 29 H5 003
川前 10 20 S61 004
巣子野球 S61 005
滝沢剣道 16 S62 006
滝沢なぎなた S62 007
竹の子 19 S62 008
滝沢東 S63 009
10 一本木バレーボール 36 H2 010
11 やまびこなぎなた H5 011
12 滝沢南エコーズ 30 H7 013
13 滝沢剣道クラブ 17 H14 016
14 滝沢JFCドリーム 15 H16 017
15 滝沢ドリームライオンズ 13 27 H23 020
16 上ノ山テニス H25 022
17 滝沢中央ミニバスケットボール 20 H26 024
18 少林寺拳法 20 H28 025
19 空手道尚武会 H31 026
19 Advanceスポーツ少年団 43 R3 027
合計 102 369